ひさおの独り言2016

hisaom7.exblog.jp

思い残すことはないように?

今日もほぼ一日グラント書き。今日はケリをつけるつもりで頑張った。「こいつドイツまで何しに来たんだ?」って思われてるかもしれない。けどそんなことはどうでも良い。

数日前に妻に「思い残すことがないように」と言われたが、まあ帰ってみなければわからないのだが、帰国して思い残しそうなことは、「こっちで時間があるうちに書きものをもっと頑張っておけばよかった」であるような気がして、できるだけ頑張ろうとしている。

ちょっと「やりすぎた感」もある申請書の前半が出来てきた。でも控えめに書いて落ちるよりはやりすぎて審査員にインパクトを残して落ちるほうがマシだ。明日には後半が完成すればよいのだが。

夕方はジョギングに出かけた。最初の5キロ位はしんどさが勝つのだが、それを超えるとエネルギーが湧き上がってくる(いわゆるランナーズハイだろう)。最後は結構飛ばしてゴール。やっぱりスッキリする。

川沿いを走っていると、舟が。
b0369970_04261036.jpg
舟が行き着く先は、閘門(こうもん)。
b0369970_04254805.jpg
アパートに帰りシャワーを浴びる。やっぱり走ったあとはビールが美味いなぁ。シンドイけど走る価値がある。

そして、今晩も昨日の残りのジャガイモを食う。あとは、チキンをフライパンでグリル。
b0369970_04263986.jpg
芋は茹でて、付属のスパイスをかけ塩コショウしただけだけど、うまいな、すごく。昨日600gくらいポテトを買って多すぎるし消費できるかと思ったが、2日で完食できた。もう一回ぐらい食べてもいいかもしれない。

思い残すとしたら、うまそうな物を自分で調理して好きなだけビールとワインを飲む、この一人暮らしの食事だろうか。


[PR]
# by hisaom7 | 2017-09-23 04:36 | 日記 | Comments(0)

あと一週間、まだ一週間

マイケルラボのラボセミナーに参加。すげー発表した学生がいたが、なんと学部生なんだと。マイケルが「あいつは今まであった中で一番優秀なやつだ」と言っていた。

午後はひたすらグラント書き。あと一週間で日本に帰る。もうそろそろ日本語モードに戻してもよかろう。英語モードで何ができたのかという話はあるが、(適当な英語で)言いたいことを伝える力はあるということがわかったから、あまり考えないことにする。

来週の頭にもう一つ英語の発表が終われば、基本的にはこちらの仕事は終わる。それにしても大学のグラントの欧州訪問を入れておいてよかった。ハイデルベルクにただ1ヶ月いただけだったとしたら中身が非常に薄いものになっていたかもしれない。もちろん得るものはあったが。このグラント最後(もしかしたら人生で最後の海外生活)の来年はしっかり研究の計画をたてて行こう。

しかしこの歳になってまた海外で一定期間生活することになるとは思ってもいなかった。それなりに人生を変える経験となったかもしれない。

ーー

こんばんはなぜかとてもジャガイモが食いたくなったので、ジャガイモを買ってきて調理。ドイツといえばジャガイモだろう。

ソーセージとともに食べた。
b0369970_05190256.jpg
うまかった。


[PR]
# by hisaom7 | 2017-09-22 05:26 | 日記 | Comments(0)

How can you survive with German food?

昨晩から今朝は気力を取り戻すためにたっぷりと眠った。とは言え、ハイデルベルクのアパートのベッドは狭い。枕も私にはあっていないからか、あまりよく眠れなた気がしない。日本の寝床は広いとはいえないが、自分には最も最適化されている。歳をとると、悲しいかなこういうところへの耐性は明らかに下がる。

来年海外に滞在するときには、まず寝床のセットアップをしっかりした方がいいかもしれない。少々コストはかかってもまず自分にあった枕を入手することがミッションとなるかもしれない。

こういう生活をしていると、宇宙飛行士にはすごい精神力が求められるんだろうなと感じる。私の置かれた状況は宇宙飛行士よりはよっぽどマシ・・・比べるほうがおかしいか。

今週中にグラント(その1)の草稿を書き上げることを目標にする。さらに午前中は日本の学生とSkype。まあ、楽しくもある。

午後からはラボに出向き、論文のレビューに取り掛かる。どうしていつもいつも私のところにまわってくるのはこのようなどうしようもない論文なのだ?よくもこんな論文を世界に向けて発表しようと思えるもんだ。これはレビューではなくて「論文の書き方指導」じゃないか。すごい時間のムダな気がする。でもまあ引き受けた。何かの「お役には立つ」のだろう。午後いっぱいレビューをしたが終わらず。明日にはコメント書けるかな。

こちらにいると気が散らなくて集中できる分、知的エネルギーが短時間で削られる。「頑張った」と思ってもあんまり時間が経ってない。「頑張った」と思えたんだから、知的エネルギーが尽きたら他のことをやってもいいのかもしれない。だが、「働いた時間」で仕事を評価する癖が抜けなくなっていて、だからもっと頑張らなきゃと落ち着かない。

・・・という思いを出来ているだけでも在外研究の価値はあるのかもしれないが。まあ淡々とこなすことをこなしていこう。結局はそこにしか答えはない。

ーー

今日の食べログ。こちらの食生活はだいぶ分かってきたが、そろそろ「まとめ」に入らなければならない。食べ物を残さず、だがなるべくチャレンジすつつうまいものを食う。

一つ目のチャレンジ。野菜につけるディップのようなもの。
b0369970_03270291.jpg
もとの材料はジャガイモなんだろうか? 3種類の味で、生人参に付けて食べる。悪くない。黄色いのがカレー風味で、こういうのが意表をついて口に入ると、「お!?」といううまさがある。インド人が生み出した(?)カレーのインパクトは大きい。

チキンとBratwurst(ソーセージ)も買ったが、今日は使わず。先日の残りのバジルソースに、魚のオリーブ漬けの缶詰と野菜をぶち込み、炒め、先日買った生パスタを茹でて投入。
b0369970_03271183.jpg
醤油を一回し。うん、うまい。これは日本ではなかなか食えない。日本でこの味が寂しくなるとは思わないが、こういううまいものがあることは覚えていても良いだろう。

だがこれを食べ終わる最後の方で、ガーリックを投入していなかったことを悔やむ。トロントのマイケルが言っていた。「イタリア人に不可欠なものはオリーブオイルとガーリック」。私はイタリア人ではないが、ガーリックを忘れたことは悔やんでも悔やみきれない。まるでそうめんを食べる時に生姜がなかったときのような衝撃だ。

来年渡航する際にちゃんと考えておかなければならないこと、それはちゃんと使えるキッチンのある場所に住むということだろう。それがなければ私の生活はそうとう苦しいものになると思われる。

こちらでのもう一つの発見は白ワインの旨さ。ハイデルベルグ近隣で作っているワイン。
b0369970_03272083.jpg
日本ではほぼ(安い)赤ワインしか飲まない。「白は赤の味を知らないものが飲むもの」と思っていたが、こちらの白ワインは、色んな料理に会うスッキリした毎日飲むワインとして、ビールよりよいかもしれない。帰国まではビールよりも白ワインにこだわってみようかしらと思っている。


[PR]
# by hisaom7 | 2017-09-21 04:02 | 日記 | Comments(0)

暇なのはいいのか悪いのか

昨日はチャルマーズ工科大学でセミナー&ディスカッション。結構大きな大学だった、のはいいとしても建物の作りが複雑、かつところどころロックされていて、目的のニールセン教授の部屋にたどり着くのに四苦八苦。20分ほど遅刻してしまった。

セミナーは、それほど大きくないセミナー室でのものだったので、あまり緊張せずやりたいようにやった。こういう狭いセミナー室でやるときには、あいまに質問してもらえるとやりやすいんだけどなぁ。

終わって質問がちらほら。この後ニールセン教授と昼食し、ラボメンバーとのディスカッションシリーズが始まった。そこで私のセミナーについてもいくつか質問をもらった、のだが、こういうのをセミナー中にしたらいいのになぁ。こういうところのが北米とは違い日本に近いのかもしれない。

ニールセンラボのプロジェクトを色々説明してもらって面白かった。
b0369970_03574009.jpg
システム&シンセティックバイオロジー学科がある建物。

午後4時頃にはすべての日程が終わった。研究の内容は若干関係はあるもののバルセロナのときほどでなく、したがって疲れたけれどそれほど達成感もなく、もうさっさとハイデルベルクに帰りたいと思った。が、フライトは次の日(つまり今日)、しかもなぜか14時過ぎのフライトにしている。飛行機を予約したときの私は、ヨーテボリを見て回るつもりだったのか、仕事が終わった後の回復期をたっぷりとったのか・・・。

旅程をこちらに来てから決めたアムステルダムではその日にさっさと帰る予定にしてある。これが正解だ。

結局、街を少しウロウロして晩飯を買い込み、ホテルでyoutubeを見ながら過ごすという、ちゃんと仕事したその日くらいは許してくださいという夜を過ごした。しかもどうも日本は祝日だったようだし。

今日はハイデルベルクに帰る。14時のフライトまで時間がある。書き物が進むと良いのだが。
b0369970_03560929.jpg

ーー

昨日の食べログ。

地下のバースペースで暗いことを除けば、朝食は割と良い。ヨーグルトとシリアルや自作ワッフルなどもある。コーヒーの味はいまいち。
b0369970_03584378.jpg
ニールセン教授と2人での昼食。大学の来客用(?)レストランで。魚。2人での会話の方に集中してて味はよくわからなかった(びっくりするほどうまいということはなく)。
b0369970_03571076.jpg
晩御飯、結構見かけるSushi Bar(店員は東南アジア人?)で、ドラゴンロールを。普通にうまかった。
b0369970_03564055.jpg
晩酌のワインの友。サラダバーに、Kaviarをつけて食べる。Kaviarは14年前に知ったこちらの食べ物で、タラコマヨネーズのようなもの。割と高いやつを選んだのだが、14年前の衝撃はなかったな。
b0369970_03553986.jpg

[PR]
# by hisaom7 | 2017-09-19 16:52 | 日記 | Comments(0)

ヨーテボリは思い出深い場所

明日の訪問に備えてヨーテボリ入り。ヨーテボリは実は思い出深い場所なのだ。14年前、セントルイスに留学している時に学会で来たのだ。

とにかく到着するまでにいろんなことがあって、到着してからもいろんなことがあって、そしてすごくたくさんのものを得た学会だったのだ。当時のことをブログに書いているということもあるのだが、それぞれが克明に思い出される。多分そういう学会は他にない。

当時この高級ホテルのツインルームにボスと泊まった。
b0369970_02311593.jpg
学会のあとのエクスカーションでこの遊園地に生き、生まれて初めてフリーフォールに乗った。この学会でその後ずっと仲良くさせていただいているM先生にお会いしたのだ。
b0369970_02313340.jpg
当時は生まれたばかりの長女と3才の長男と妻を残して一週間家を開けた。そして、今回は家族と離れて一ヶ月ヨーロッパに滞在している。
b0369970_02315937.jpg
14年の間に私も随分といろいろ経験した。でもこの学会で起きたことほどドラマティックなことはないかもしれない。この出来事のきっかけはボスだった。そして、今私は自分で色んな出来事を起こす立場にあり、さらにそれを他の人にも及ぼす立場になりつつある。いろいろなものに感謝しつつ、与えられたものを最大限生かさなければなるまい。

そんなことを感じるとは思わずにヨーテボリに来たのだが、場所というのは記憶を想起させるものだ。

さて、泊まっているホテルなのだが、正直あんまりよくない。安い所を選んだので覚悟はしていたのだが。非常にシンプル。お風呂もシャワーのみ。アメニティーもなければ、湯沸かしポットやら冷蔵庫もない。

安いと言っても、一泊13,000円くらいする。ほんと、日本のビジネスホテルはすごい。いやカプセルホテルだってすごい。
b0369970_02314807.jpg
御飯は(例によって?)スーパーに行き適当に買った。サケや海老の実があったのでサラダバーを大量に買った(ちょっと買いすぎた)。ドイツのそれよりはうまい。パンはサワードゥだった。
b0369970_03120248.jpg
明日はお仕事だ。うまくやれますように。






[PR]
# by hisaom7 | 2017-09-18 03:28 | 日記 | Comments(0)