ひさおの独り言2016

hisaom7.exblog.jp

ブレークスルー・オブ・マイ消化器官

昨日から今日にかけて、ちょっとしたブレークスルーがあった。

昨晩、妻に「冷奴を食べたい、薬味たっぷりで。」と告げジョギングに出かけた。帰ってくると妻は風呂に入っており、薬味セットが冷蔵庫に。近くに「京とうふ(絹ごし)」も。冷蔵庫の一段下の棚には、もっとうまそうな「湯葉寄とうふ」があったが、賞味期限を見ると9月12日、すでに切れている(うちではこういうことが時々ある)。

とうことで「京とうふ」を食す。「さすが、日本の豆腐は柔らかい。箸で器に移そうとしたらボロボロと崩れるわい。」と思いながら、器に移し、薬味をたっぷり乗せ、醤油をかけて食べた。半丁ほどである程度お腹が膨れたが、残してもいけないと思いさらにその半分ほど食べた。

妻が風呂から出てきて、「日本の豆腐は柔らかいね」と言いながら、京とうふの話をしたら、「そんなもん買ってない」と言う。

それでパッケージに目をやると・・・「賞味期限 16.07.22」。目を疑った。カナダ渡航前に買って、捨てるのを忘れていたやつだと、妻。

妻がネットで、豆腐の賞味期限が切れてもどれくらいまで食べられるか調べ始める。いや、そんな成功事例調べてもしょうがないだろう。だが、とりあえず「豆腐というやつは、糸引いたりパッケージが膨らんだり、酸っぱい味がしなければ1〜2ヶ月はOKだ」などという記載はあったらしい。

というわけなのだが、昨晩はそんなこんなで少し不安を抱えながら寝たが、特に食中毒を起こすこともなく、無事生きたまま朝を迎えた。


そして今晩、妻が昨晩買ってきていた、フレッシュな「湯葉寄とうふ」(冷蔵庫の最上段においてあった)を、薬味たっぷりで食させていただいた。昨日の豆腐との違いは今ひとつわからなかったが、塩だし生姜のうまさも相まって、大変美味しく頂いた。

・・・で、食べ終わってみて、もう少し豆腐が食べたくなった。

そう、うちにはまだ、賞味期限が9月12日の「湯葉寄せとうふ」が残っている!!

賞味期限が2ヶ月前の豆腐を食っても平気だったんだから、半月前の賞味期限なんて、切れてないようなもんだ。パッケージが膨らんでないか、糸引いてないか、ちょっと食って酸っぱい味がしないか、を確認して、全部たらふく美味しくいただきました。

かようにして、私の消化器官のブレークスルーが起きた1日だった。





ん?・・・もしかして、下痢ってある意味「ブレークスルー」なのかも(今回のケースは違いますが)。


[PR]
by hisaom7 | 2016-09-30 23:04 | 日記 | Comments(0)