ひさおの独り言2016

hisaom7.exblog.jp

プレゼンテーションの問題

昨夕は突発的な飲み(と言うか私が飲もうと言い出したのだが)となり、ワイン→ビール日本酒焼酎をたっぷりと飲んだ。最後はいつものように「俺のほうが優れている、いや俺だ」という自慢(あるいはディスり合い)になり、これがまた楽しい。

学会に参加した時に会った恩師から指名されて、サブジェクトはともかく分野外の論文を査読することに。最近レビューした論文はほとんどそうなのだが、プレゼンテーションが悪い。プレゼンテーションというのは、人前で話すことだけを意味しない。実験データや自分の主張を、どういうフィギアを使って、どういう文章を使って伝えるか、ということも「プレゼンテーション」に入る(と私は思っている)。

論文執筆の際に、人に伝わるプレゼンテーションができているかはとても大切で、そのイロハができていない論文に出くわすことが最近とても多い。プレゼンテーションがしっかり身についているかいないかは、論文を通す際にとても大事になる。


[PR]
by hisaom7 | 2017-03-08 18:05 | 日記 | Comments(0)