ひさおの独り言2016

hisaom7.exblog.jp

新年度初講義はそれなりの手応え

オフィススペースに新しいガラストップの机も導入され、相当いい感じになった。

秘書さんとの同居も仕事に集中できてそう悪くない。後は複数のケーブルを導入し機器の接続が完了すれば、インフラはほぼ整うか。あと一つ新しいiMacを購入するか。・・・それにしても「端子」問題はなんとかならんかな。理想的にはすべてが無線でつながる世の中なのだが。

5月が終わるまでは「本年度のラボメンバー」が安定しない。私がどこに行くかも決めないといけない。あと、再来週の国際シンポジウムで何を話すか。もう少し落ち着かない日々が続くな。

講義が始まった。ただ今年から(実際には昨年から)、4セメスター60分授業が始まっているので、1コースの講義は今までの半分の日程で終了する。8日の講義で構成していた講義を4日で終えることになる(ただし一日の講義時間は90分から120分になる)。つまりは一回ずつの講義は少しコンテンツが増えるが、全体としては半分程度しか内容がないということになる。こうなると生徒との距離はあまり近づけないまま終わることになりそうだ。

8日分をどう4日分にするかという悩みはあるものの、コンテンツ的には十分用意できているし、今年用の「仕込み」も用意しているので、まあ楽しくやれるだろう。昨日
一回目をやってみたが、それなりの満足の行く手応えだった。多分今年でこの講義は最後。いつまでも続くものはないのだ。


[PR]
by hisaom7 | 2017-04-15 16:40 | 日記 | Comments(0)