ひさおの独り言2016

hisaom7.exblog.jp

論文執筆、インタビュー

私がバトンを受けている論文に、ようやく手を付け始めた。とりあえず1日1時間は論文の執筆に時間を使うというルールを適用、だいぶノッてきた。ノッてくると、この仕事はもう少しいい物にできると思い始める。

そして、今日、この論文のデータの中にある謎が1つ解けたかもしれない仮説が浮かんだ。簡単にできる実験をいくつかすればそれは検証できる。この仮説が当たれば論文のストーリーが1つスッキリとつながる。言われてみればあたり前な気もする結論なのだが、私たちにとって重要なピースがはまる。

という感じで頭をフル回転させているからか、ここのところ体調がどうもすっきりしない。疲れているのか、風邪がなおりきっていないのか、いわゆる「バイオリズム」なのか。

ーー

今日は学内グラントの英語のインタビュー(30分)もあった。

採択されなくても別にかまわないグラントではあるのだが、私に応募しろと訴えかけている感じのテーマであり、自分のプレゼンスを大学に見せるためにもアプライした。インタビューは英語だし、恥をかくわけには行かないのでそれなりに準備して臨んだ。

インタビューアーの顔ぶれを見てまあこんなもんかと少しがっかりしつつも、だからこそリラックスしてほぼ満足の行くプレゼンができたと思う。これで採択されなかったらそもそも私が採択されるものではなかったということなんだろう。そういうこともあるし、今回はそれでもかまわない。


[PR]
by hisaom7 | 2017-06-06 20:40 | 日記 | Comments(0)