ひさおの独り言2016

hisaom7.exblog.jp

<   2016年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

出張、脱稿、講義など

自分で入れたものやら頼まれたものやら、なんかやたらと出張している。その合間に講義、そして原稿。

今回の原稿(日本語もの)は、ラボメンバーにも振り分けて書いた。そのせいで調整が色々ややこしく、かつ私がさっさと仕上げなかったので頼んだラボメンバーにも迷惑をかけたかもしれない。まあ、こういうの書けるのも機会だと思ってくだされ。

講義は2つしかないのだが、結構準備が大変で、これほどの負荷になるとは思わなかった。まああと少しで終わる。

出張・・・まだまだ続くよ。来週東京4日間、一週とんで神戸と東京で3日間・・・。こないだの出張では、帰りにポカをやらかした。予約していた新幹線の時間を一時間間違え乗り遅れ。「早得」で予約していたおかげで数千円の無駄な出費。リスクもあるチケットだというのを今回痛感した。

どうも「勢い」がなくなってきた。自分がやれることを低く見積もり、頑張ってみると(意外に)すぐできる仕事をギリギリまで頑張らない。ギリギリまで頑張らなくてなんとかなると思ってるってことは、自分がやれることを結局高く見積もっていると言えなくもない。

何れにせよ、もっと早くから頑張っていればもっとたくさんのことができるはずなのに、手を抜いているということだ。それが良くないと自分でも思っているということだ。着実に仕事をこなすという「プロのスタイル」でちゃんと仕事しないとなぁ。


[PR]
by hisaom7 | 2016-11-24 22:25 | 日記 | Comments(0)

そろそろラボに戻りたい・「プレゼン」力 ~未来を変える「伝える」技術~

懸案の書き物、来週の発表、何とか目途が立ってきた。いつも思うのだが、結局さっさと「蓋を開ける」事が大事なのだ。だが、蓋を開けるのが億劫なんだよなぁ。意味がわからないかもしれませんが、気が向いたら解説します。ただまだ終わってない、着実に堅実に終わらせるとしよう。

実験がしたくなってきた。・・・というか実験データが欲しくなってきた。やりたいネタがいくつかたまってきた。ラボには学生がいて彼らは彼らのテーマで実験やっているので、開拓実験は自分でやらないといけない。年度も後半に入るので、予算も鑑みながら最も有効な投資をしていかなければならない。

予算は年度ごとに使い切らなければならない。ためておいてドーンと仕事ができたら良いのに、今ある限られた予算を限られた時間内にうまく使い切ることを考えなければならない。まあ、それがあるから頭をひねってその予算で効率よく研究をという風にも考えるわけなので、良し悪しではあるとは思う。

ーー

「プレゼン」力 ~未来を変える「伝える」技術~

山中 伸弥,伊藤 穰一/講談社

undefined


あっという間に読み終えた。ウェブ上に転がっているこの本に関する情報だけで十分かも。1200円払う価値は(私には)なかった。


[PR]
by hisaom7 | 2016-11-17 19:19 | 日記 | Comments(0)

フルマラソンに再挑戦のつもり

2日前に「もう二度とフルマラソンはやらない」と言ったばかりだが、やはり2月のフルマラソンに挑戦することにした。

なぜか?

42kmを完走、と言うか移動?、したてのこの体、結構脂肪が落ちてスッキリしている。そう、最高のトレーニングをやったこの体、これをこのまま維持しつつトレーニングをすれば、今度こそサブフォーもあり得るのではないかと思い始めたのだ。2月はきっと寒いだろうから、汗を書きすぎて痙攣もないかもしれない。

幸い今回のマラソンで無理しなかったのでダメージもそんなにない。いまから3ヶ月みっちり練習すれば良い。今回こそ、きっちりとトレーニングして臨んでやろうと思う。

というわけで今日から練習再開。フルマラソン3日後だが、体重が軽くなったからか気持ちよく走れた。途中ペースを上げたら久しぶりにピキッとエンドルフィンが来た! これはやっぱり追い込まないと来ない脳内モードなのかもしれない。

どうもブログに書くとひっくり返るというジンクスがあるようだが、宣言することがモティベーションをあげるには大事だったりする。さて、2月までどれだけやれるか、今回は頑張ってみるかな。


[PR]
by hisaom7 | 2016-11-16 22:14 | 日記 | Comments(0)

地獄のフルマラソン

準備不足、体調不良の中、フルマラソンに参加。

今年は8月からとにかく忙しく、マラソンの練習にとる時間がなかった、まあ言い訳なのだが。それでもジョギングをしなかったわけではなく、それなりに走ってはいた。去年とは比べ物にならないけど。

めまいもまだ完全に治っていない。風邪ぎみでもある、などの悪条件。飲み会が続いて、脂肪も蓄積し始めていた。

今年のテーマは、「この練習不足の体でどこまで行けるか、脂肪燃焼ペースでどこまで走れるか」、である。そして「32km地点でラーメンを食べてリタイヤでも良いや」という考え。

20kmすぎまでは6分40秒くらいのペース、鼻呼吸ができるくらいの余裕のペースで走る。去年と違って景色も楽しむ余裕があった。給水・給食ステーションではきっちり止まり、まんじゅうやらきびだんごやら、トマトやらバナナやら全部ガッツリ食べる。とてもうまかった。

苦しくなったのは24km過ぎくらいからか、ペースを上げていないのに心拍数が上がってきているのを感じた。練習不足、体調不良がついに出てきた。まだ今月もやらなければならないことが目白押しなので、ここで再起不能のダメージは受けられない。

めざせ32kmのラーメン!最大の難所30kmすぎの岡南大橋を歩いて登り、下りで走ろうとすると両ふくらはぎが痙攣。遂に来たか痙攣野郎! ラーメン売り切れませんようにとなんとかたどり着き、「ぼっけえラーメン」を食う。めちゃ、塩かれえ!

もう気持ちは完全リタイア。でもまだ足切りには余裕がある。歩くには足は動く。ならまあ歩いてみるか、あと10kmだ、もしかして食べたものが消化されたら痙攣がおさまるかもしれないし・・・。ということで、ゾンビ(徒歩)作成を敢行する。

まわりからはどんどん追い抜かれるのだが、ちょっと走るとゾンビがたくさんいることに気づく。ただ走るとふくらはぎが痙攣するのですぐとまる。昨年はほとんど見なかった景色だけは見ながら進む。次第にまわりがゾンビだらけになってくる。

足切りには合わずにゴールできそうだ。それにしても、この期に及んで私を走って追い抜いていく人たちは、どんなペースで走っていたのだろうか。私は、もっともっとゆっくり走っていたら、この人達と同じようにこの距離に至っても走れていたのだろうか、などとと思いつつ。沿道の人たちと、歩いているのにタッチする。若い看護師が列をなしていたので、走りながらタッチ、足に強力なダメージ・・・。

競技場に入る、妻と娘がスタンドで手を振っていた(でも走れない)。そして何とかゴール。ネットタイム5時間45分、昨年より1時間25分遅い。

有森さんと握手。ボランティアにFinisherのタオルを肩にかけてもらう。あたり見るとたくさんのFinisherタオル、何故か涙が出そうになるのをぐっとこらえた。・・・10km歩いた人間が泣いてはいけない。

記録証をもらうのに並び随分待たされた。立っているのが辛い。自転車で家に帰り、風呂に入る。歩くという選択をしたおかげで体へのダメージはそうひどくはないようだ。もちろん次の日の今日、階段を降りるのが辛いほど足が痛いのだけど。


感想ーもう二度とフルマラソンはしたくない、練習も辛いし、時間が掛かるし、最後は足が攣るし・・・。


で、昨年のブログを見てみたら、昨年は35kmまでは足が持ったようで、さらに「42kmを走りきれる足を作ってやる」と意気込んでいる。今年はトロントに行くという予想外のことがあったり、8月忙しくて全く走れなかったりで、そうそうに諦めてしまった。マラソンという、仕事外の自分への挑戦をしている気持ちの余裕がこの3ヶ月なかったということが大きい(逆に言うと仕事で挑戦している感があったということなので、それはそれで良いのだが・・・)。

何れにせよわかったことがある。挑む気持ちがないならフルマラソンには出るなということだ。中途半端な気持ちでエントリーする事はやめる。エントリーしたなら本気で練習する。いやもちろんエントリーしてからは、常に「走らなきゃ」「練習しなきゃ」と思い続けていた。仕事が気になる中でそれ自身も相当なプレッシャーで、結局、アスリートでもないのに仕事以外でプレッシャーを感じることも嫌だった。

今回のフルマラソンは、走ることに対する自分の姿勢を考え直す良い機会だったのだとも言える。

フルマラソンもう一度走りますか? ・・・それは来年の私に聞かないとわからない。


[PR]
by hisaom7 | 2016-11-14 18:09 | 日記 | Comments(0)

レビュー終了・明日はフルマラソンだが・・・

知り合いの論文で、こないだ学会に一緒に参加していた時に、「レビューは任せとけ」と言ったのだが、読んでみるとひどい。わけがわからん。
彼はトークでのプレゼンもわけがわからんのだが、論文も(やっぱり)わけわからんかった。申し訳ないが、ダメ出しまみれのレビューコメントになってしまった。

最近そういうレビューをよく依頼されるのだが、論文の書き方をレビューアーが教えるていうのはどうなのよと思うのだ。エディターがまずはじめに論文の体をなしているかをちゃんとチェックすべきなのではないか。だからそれができていないのはまあろくでもない雜誌ってことになってしまうわけですな。で、そこからレビュー依頼が来るってことは私自身もその程度の科学者だということですな。

今後は自分のためにならないレビュー(つまり、自分の研究に関わらないものとか、知り合い以外から来たものとか)は断ろうかしら、正直やってられない。他人に論文の書き方教える暇があったら自分の学生に指導したい。

明日はフルマラソンだが、正直準備は全くできていない。風邪も引いたようで体調も悪い。これで完走はありえないだろう。来週からの活動に支障が出てもいけないので、目標は32キロ地点にあるラーメン、そしてバスに乗って帰るということにしておく。


[PR]
by hisaom7 | 2016-11-12 16:21 | 日記 | Comments(0)

休まる暇がない

先週からの怒涛の一週間、なんでこんなに忙しいんだ?とは言え出張は仕事でいっているとは言えくつろぎも入っているのか。

先週金曜日・土曜日は学会、学生の引率?→飲み。私には珍しく午前0時すぎに撤退、帰宅して日曜日はラボで仕事、体調悪くて走る気にならず。

月曜日、午前中講義、午後天才が来訪、セミナーを聞き地ビール飲み。Kさんの頭の作りが違いすぎてしょんぼり。

火曜日・水曜日、鶴岡に出張、講義、飲み、次の日は吹雪の不安の中なんとか帰宅できた。出張中、講義のための英語の添削。帰宅してランニング、危うしフルマラソン。

木曜日ラボセミナー当番、金曜日の講義用のスライド準備、英語の添削、レビューなど。

本日金曜日、午前講義ーS先生のゲストとして参加、楽しかった。受講生も楽しかったと思われ。午後英語の講義ーこちらはもう少しやり方を考えないとダメだ。その後、レビューをやり終える(コメントはまだ途中)。またひどい論文だった。相手は知り合いなのだが、ひどいものはひどいと言わなければならない。月曜日の講義の準備。

明日、レビューコメント書き終える予定。明後日のフルマラソンのエントリー、そして明後日のフルマラソン。今年は完走はちょっと無理そう。30kmのラーメンを目標に走る。

マラソンでなるべくダメージを受けないようにしつつ、来週は講義2つ、原稿仕上げ、その次の週の学会@東京の準備。再来週もまた出張@東京、一週空いて、また出張@神戸&東京・・・なんかスケジュールがおかしい。

その間に書物の締切が3件、あと論文が2件、うわD論が・・・。この荒波をなんとか乗り切らねば。ってか乗り切ったら終わるのかしら。



[PR]
by hisaom7 | 2016-11-12 00:11 | 日記 | Comments(0)

シンポジウム

福岡でのシンポジウムに参加、というか呼ばれて発表してきた。英語。

正直、色んな所で何度も話していること、それを少々味付け・・・進展してない感じを受けるが、かと言って新しい話を盛り込んでも全体の構成がずれるし、期待されていることとは違うことを話すことになる。

他の人達が発表しているハイテクの仕事を聞かされると、そろそろこのネタもカビが生えている感がある。

ただ、本当に人類の知識はそんなに急速に蓄積しているのだろうか、問題はそんなにかんたんに解けているのだろうか? Fashionableな技術というのは、それを使っているだけでなにかすごいことが進んでいるように聴こえるが、本当にそれを使わないと解けない問題なのか、それが従来の技術をどれくらい凌駕するのか、皆きちんと考えているのだろうかと思ったりもする。

ただ、トレンディな技術を使った仕事群ばかりを見せてくるシンポジウムに参加したりすると、使っていないと「置いて行かれている感」を感じてしまうのは、人間としてしょうがないことである気はする。技術が科学を進歩させてきたのは事実だし。

まあ結局のところは、「自分がどうしたいか」ということに尽きるのだ。

昨日の夜は、付き合ってくれたOさんが、自称「ダークサイド」の方だったので、私もそれに合わせて相当ダークサイドな本音トークをしまくった。かなり楽しかった。そして、相当飲んで、今日は廃人状態。

Oさんと話をしながら、「自分がどうしたいか」に関連して、色々考えることがあった。研究者は、たとえPIになっても教授になっても、自由に自分がやりたいことをできるわけではない。与えられたポジションや獲得した研究費に与えられたミッションの拘束が非常に強い場合、地位についたり研究費を獲得すればするだけ自由ではなくなってくる。でもそれが研究者の仕事であったりもするし、研究を自由にやれることが必ずしも良いとは限らない。拘束があったからこそ自分の実力以上の研究ができる例もあるだろう。

・・・この話題についてもうちょっと色々書きたかったが、何かまとまらないので今日はここで終了。

明日からは島根。これがまた相当な「飲む系」の学会なので、心して望まないといけない。


[PR]
by hisaom7 | 2016-11-03 18:08 | 日記 | Comments(0)