ひさおの独り言2016

hisaom7.exblog.jp

こりゃダメかもしれんな。リレーマラソン

科研費、もう一個の調書。全然まとまらん。やっとイシューらしきものは決まったが、相当無理しとる。で、まだできたといえるのが1ページ。こりゃ相当つらいかも。

ーー

昨日は恒例のリレーマラソン。中学の同級生、今年から参加した4名も加えて18名で2チーム。1年目や2年目の頃に比べたら、「ちゃんと走れるようになってんなぁ―俺」って言う感じ。まあそれなりに定期的に走ってるからね。

今年で6年連続出場で、もうなんというかずっと続けたいイベントになってる。私は特に感動とかはもうないんだけど、初めて参加した同級生はみんな結構ジーンと来てるみたいだ。早朝の集合から解散まで含めたら12時間以上一緒に過ごして、その間ほとんど屈託なくワイワイ話すこと以外やっていない。そういう時間って、この歳になるとなかなかないんだ。だから特別なんだな、きっと。


[PR]
# by hisaom7 | 2017-10-16 22:48 | 日記 | Comments(0)

苦しんでおる

2つ目の申請書、難航している。ぱっと浮かんだ「これは行けそう」というのを実際に文章に起こそうとすると、自分の中に様々なものが足りないと感じ、結局満足行く物ができずに諦めるということがよくある。

今回も「ひとりブレスト」の段階でなかなか構想がまとまらず、でも先に進まないわけにはいかないので書き始め、それなりに良いイシューが見つかったと思いつつかなりの分量書いて、「いややっぱりこりゃだめだわ」と。それで構想の練り直しから始める。

ボワッとした募集だから、ボワッとしたものを書くしかないというところはある。ちょっと気に入らないけど、久しぶりにボワッとした内容で書いてみるかな。それもまた一興かも知れない。結局、自分が楽しめない研究提案は(不採択になったとしても)良い結果を産まない。


[PR]
# by hisaom7 | 2017-10-11 22:33 | 日記 | Comments(0)

銀婚式 篠田節子

銀婚式

篠田 節子/毎日新聞社

undefined

実際に買ったのは文庫本。こちらの方にしかレビューコメントがついていないのでこちらをリンクしました。

先日の出張で2時間半くらい列車に乗る必要があったので、久しぶりに本でも読もうと思って駅の売店で買った。実際にはその列車に乗ったら知り合いがいてずっと話をしていたので読む機会なく。昨日、久しぶりに娘の(スポーツチームの)送迎があって待ち時間があったので開いてみたら面白くて昨日のうちに一気に読んだ。申請書書きの間の息抜きということで。

なんというか、期待どおりの内容だった。

どこにもスカッとした要素はない。主人公は一生懸命生きるけど、思ったようにはいかないことがそれなりに起き、だけどそんなに不幸でもない。良いことも悪いことも色々ある。なんか、私(の世代の男性)にはとても響くところがあるんじゃないかな。

「同世代の人と仲良くなってその人の半生を色々聞いた。すごく共感できた。俺も頑張ろうと思った。」という感じかな。架空の人の生き様に元気づけられることがあるというのが小説の面白いところですな。


[PR]
# by hisaom7 | 2017-10-09 13:24 | 日記 | Comments(0)

吐き出すのは大事・ドラフト1つ完成

昨日はドイツ土産のワインをラボで開けた。なんかドイツで飲んでたときより酸っぱい?
いきなりワインだったからか結構みんな酔っ払い、ちょっといつもと違うムードに。吐き出さなきゃならない事を抱えているのは一生懸命生きている証拠ではある。でもそれを抱え込まずに時々しっかり吐き出したほうが良い。それで救われることもある。そういう意味で「本気の飲み会」もたまには必要だ。

というわけで今日はほぼ廃人状態だったのだが午後になりだいぶ復活してきて、ようやく1件目の申請書のドラフトを完成させた。ドラフトと言っても誤字脱字を直せばこのままでも提出できるレベル。だがまだ時間があるので、一度寝かせて、人に見せて、ぶっ壊してからもう一度再構築・・・やるのかなぁ面倒くさいけど。

もう一つの方はまだ白紙状態なので、ぼちぼちひとりブレスト・マインドマップ作成から始めよう。


[PR]
# by hisaom7 | 2017-10-06 19:53 | 日記 | Comments(0)

眠ぅ

朝からず~~~っと科研費申請書書き。やっぱ、マイオフィスは私に最適化されてんるんかな? ドイツにいたときより長時間仕事ができる。適度に気が散る事が起きるというのもあるけど。単に締め切りが近づいてきて焦っているだけという話もある。

にしても仕上がりが近づくにつれてどんどんわからなくなってくる。書かなきゃならないことをちゃんと簡潔に理論的に申請書に収められているか、相手に伝わるか?この作業を毎年必死でやっているおかげで、申請書というものを書き始めた頃に比べれば、随分と日本語能力は上がった気がする。でも結局大事なことは推敲だ。これをどこまで根気良くやれるか。まあまだ完成していないし、完成したとしても1つが終わっただけ。今年はもう一つデノボで書かなければならない。

まだ時差ボケが残っているようで、眠くて仕方がないです。


[PR]
# by hisaom7 | 2017-10-04 20:40 | 日記 | Comments(0)