ひさおの独り言2016

hisaom7.exblog.jp

PIとしての仕事・自分で作った仕事?、「走ることについて語るときに僕の語ること」(村上春樹)

一昨日から神戸に。とある会議に出席。2日目はプレゼン。「場違いなプレゼン」な気がしないでもないが、こうなったら開き直って、やる。

今日は東京。これまたプレゼン。「こういう会議もあるんだ〜」という初体験なプレゼン。またしても私には場違いな気がするが、これも開き直って、やる。

精神的に色々と「削り取られている」んだろうなと思ったり。でもまあ何事も経験だ。やってみなければ自分に合っているかどうかわからない。ただ、現時点から「なんとなく合っているかも」と思ったとして、軌道修正が効くのかどうかなのだが・・・。世の中はそんなに甘くあるまい。

これらの「PIとしての仕事」の後、自分たちで立ち上げた企画のために。これは結構楽しくはあるが、「本当にやりきれるのか」という恐れもある。踏ん張らないと達成できないことかもしれない。でもうまくいったらライフワークにできるかもしれない。少なくとも、今まで見たことのない企画であることは確かだ。

新幹線で東京から帰ってきて、脳に色々たまったアクを抜くためジョギング一時間。

色んな意味で、「走れ!俺!」。


走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

村上 春樹/文藝春秋

undefined


東京への行き帰りで読んだ。氏の「職業としての小説家」にも書いてあることに通じるものがあった。持続的に精神を、肉体を安定に保つために彼が選んでいる手段が長距離を走ることなのだ。いかにもストイックで、これを続けていられる事自体がスゴイと思わされる一方で、逆に「続けるために払っている努力」なのだとも言える。

この本を読んで、燃えて、「ランナーとして頑張るぞ!」というふうになるかと思って読んでみたのだが、そういうことはなく、むしろ私には「こうはなれないな」という失望すら感じた読後だった。


[PR]
# by hisaom7 | 2016-12-15 22:28 | 日記 | Comments(0)

師走、だからなのか?

ご無沙汰です。

最近、気分が「てんてこ舞い」。なぜかわからないけど、焦っている。何に焦っているのかわからない。師走だからだろうか、「来年に持ち越しちゃいけない感」があるからだろうか。フルマラソンをターゲットに、月間200kmを目指して走っている。師走だからだろうか。結構大変。油断するとすぐに目標からビハインドになる。

ここの所、「他人のための仕事」が過多な気がしている。自分の為の仕事ができていない。それが焦りの原因なのかもしれない。研究者って、油断すると他人のための仕事でがんじがらめになる事がある。それで若干の収入があったり、巡り巡って自分に返ってくることもあるのだろうけど、やっぱり何か違う気がするんだよなぁ・・・。

明日からまた3日間の出張(これがまた焦りの原因にならなきゃ良いけど)。年内はこれで最後。色々終わらせて落ち着いて年末・年始を迎えたい。


[PR]
# by hisaom7 | 2016-12-12 17:41 | 日記 | Comments(0)

出張、脱稿、講義など

自分で入れたものやら頼まれたものやら、なんかやたらと出張している。その合間に講義、そして原稿。

今回の原稿(日本語もの)は、ラボメンバーにも振り分けて書いた。そのせいで調整が色々ややこしく、かつ私がさっさと仕上げなかったので頼んだラボメンバーにも迷惑をかけたかもしれない。まあ、こういうの書けるのも機会だと思ってくだされ。

講義は2つしかないのだが、結構準備が大変で、これほどの負荷になるとは思わなかった。まああと少しで終わる。

出張・・・まだまだ続くよ。来週東京4日間、一週とんで神戸と東京で3日間・・・。こないだの出張では、帰りにポカをやらかした。予約していた新幹線の時間を一時間間違え乗り遅れ。「早得」で予約していたおかげで数千円の無駄な出費。リスクもあるチケットだというのを今回痛感した。

どうも「勢い」がなくなってきた。自分がやれることを低く見積もり、頑張ってみると(意外に)すぐできる仕事をギリギリまで頑張らない。ギリギリまで頑張らなくてなんとかなると思ってるってことは、自分がやれることを結局高く見積もっていると言えなくもない。

何れにせよ、もっと早くから頑張っていればもっとたくさんのことができるはずなのに、手を抜いているということだ。それが良くないと自分でも思っているということだ。着実に仕事をこなすという「プロのスタイル」でちゃんと仕事しないとなぁ。


[PR]
# by hisaom7 | 2016-11-24 22:25 | 日記 | Comments(0)

そろそろラボに戻りたい・「プレゼン」力 ~未来を変える「伝える」技術~

懸案の書き物、来週の発表、何とか目途が立ってきた。いつも思うのだが、結局さっさと「蓋を開ける」事が大事なのだ。だが、蓋を開けるのが億劫なんだよなぁ。意味がわからないかもしれませんが、気が向いたら解説します。ただまだ終わってない、着実に堅実に終わらせるとしよう。

実験がしたくなってきた。・・・というか実験データが欲しくなってきた。やりたいネタがいくつかたまってきた。ラボには学生がいて彼らは彼らのテーマで実験やっているので、開拓実験は自分でやらないといけない。年度も後半に入るので、予算も鑑みながら最も有効な投資をしていかなければならない。

予算は年度ごとに使い切らなければならない。ためておいてドーンと仕事ができたら良いのに、今ある限られた予算を限られた時間内にうまく使い切ることを考えなければならない。まあ、それがあるから頭をひねってその予算で効率よく研究をという風にも考えるわけなので、良し悪しではあるとは思う。

ーー

「プレゼン」力 ~未来を変える「伝える」技術~

山中 伸弥,伊藤 穰一/講談社

undefined


あっという間に読み終えた。ウェブ上に転がっているこの本に関する情報だけで十分かも。1200円払う価値は(私には)なかった。


[PR]
# by hisaom7 | 2016-11-17 19:19 | 日記 | Comments(0)

フルマラソンに再挑戦のつもり

2日前に「もう二度とフルマラソンはやらない」と言ったばかりだが、やはり2月のフルマラソンに挑戦することにした。

なぜか?

42kmを完走、と言うか移動?、したてのこの体、結構脂肪が落ちてスッキリしている。そう、最高のトレーニングをやったこの体、これをこのまま維持しつつトレーニングをすれば、今度こそサブフォーもあり得るのではないかと思い始めたのだ。2月はきっと寒いだろうから、汗を書きすぎて痙攣もないかもしれない。

幸い今回のマラソンで無理しなかったのでダメージもそんなにない。いまから3ヶ月みっちり練習すれば良い。今回こそ、きっちりとトレーニングして臨んでやろうと思う。

というわけで今日から練習再開。フルマラソン3日後だが、体重が軽くなったからか気持ちよく走れた。途中ペースを上げたら久しぶりにピキッとエンドルフィンが来た! これはやっぱり追い込まないと来ない脳内モードなのかもしれない。

どうもブログに書くとひっくり返るというジンクスがあるようだが、宣言することがモティベーションをあげるには大事だったりする。さて、2月までどれだけやれるか、今回は頑張ってみるかな。


[PR]
# by hisaom7 | 2016-11-16 22:14 | 日記 | Comments(0)