ひさおの独り言2016

hisaom7.exblog.jp

講義のための勉強は、新しいアイデアの種か失望か

大学院の講義のため、下調べの勉強をする。今までほわっとしか理解していなかった最先端の技術の原理をしっかりと自分で調べなおしてみる。

他人に説明することを前提として調査するのは、そのサブジェクトの理解のためにはとても良いプレッシャーになる。きちんと説明できないと自分に返ってくるからだ。どう説明しよう、質問されたらどう答えようと考えながら調査をすると、自分の深い理解にもつながる。

原理まで踏み込んだ調査をすると、その技術の使い方についても深い理解が得られ、「おお、これはこういう使い方をしたら自分の研究がすごく進むじゃないか」と気づいた。今まで怠慢だったことへの反省とともに、講義と自分の研究のシンクロを感じ、以前ある人に言われた、「講義は、自分自身の良い勉強にもなる」という言葉を思い出す。

もちろんそうなるためには、自分自身もしっかりと研究をやっていなければならない。これは別の人に言われたことだが、「最先端の研究をやっていなければ、良い講義・学生指導はできない」ということにもなるほどと思う。

で、そこまでは良かったのだが、論文が世界から量産されつつあるその最先端技術を調べに調べていくうちに、自分もそれを使わず、身の回りでもそれがほとんど使われていない、あるいは日本国内ですら限られたところでしか使われていない現実に、なんだか失望を覚えた。

いつの間にか、あるいは今までもずっと(?)、科学の先端からは取り残されて、これからもどんどん水を開けられていくのかしら。私はただの古い技術しか知らない/使えない老いぼれ研究者になるのかしら。・・・嫌なことだなぁ。などという思いが湧いてきてしまい、逆になんだかしょんぼりした。

そういう思いをしたくないから研究者は本当に必要かどうかもわからないけどとりあえず最先端のものを導入しようとする、ということもあるかもしれない。それで安心はできるから。

まあでも上記の新しいアイデアは、うまく実行できればそれなりに面白いことになるだろう。それに対する投資をするかどうか、それをいつするか、あるいはもうしばらく様子を見るのか、これもまた悩ましい。


[PR]
# by hisaom7 | 2017-07-06 22:22 | 日記 | Comments(0)

人との関わりが一番時間をつかう

午前中は大学院の講義。テストをしたけどみんな一生懸命取り組むなぁ。この学生たちの真面目に学ぶ姿勢には感心する。私もそれに応えてちゃんと価値を提供しなければと思う。

そっからは何か知らんが「人対応」。外部からのお客さんリサーチ関係、あいまに学生にリサーチの話、仕事と関係ないミーティング、学生に新しいプロジェクトの説明、学会関係で電話、研究仲間からの電話・・・。別々のサブジェクトを処理していく。脳の情報処理がついていかんわい。

人と会って(電話もそうだが)話をしている時というのは、完全にその人に時間を使っていることになる。それをどう時間に対応した価値のあるものにするか、ということも生産性を上げるために必要なことだと思う。あるいは、人と直接話すことでしか得られないものをきちんと知った上で行動するというか。

例えば昨日のように、上からの情報が降りてくるだけの会議があり、それは一般的には無駄だと考えられているが、特定のサブジェクトがどのように決められ、その後実行に移されていくのかという事を脳の中でトレースする学習の機会ともなる。それは紙で書かれたものを「読んでおくように」と言って渡される以上に脳の中での情報処理を引き起こし、深く脳に刻まれるだろう。体験が伴うことの重要性とも言えるか。

講義も同じで、「教科書を(一生懸命)読んだら分かる」ものを、体験を持って学習できればそれだけの時間を使った価値があるということになるだろう。


[PR]
# by hisaom7 | 2017-07-04 19:38 | 日記 | Comments(0)

人を育てるコスト

国内の研究者向け雜誌の特集号を学生2人と一緒に書いた。その原稿料がようやく振り込まれたので、3人で「美味いもの」を食べに行った。「いい居酒屋」という感じで、なるほど美味かった。この店を知っているE君、流石だ。ただ、貧乏症の私は、いつもの店でビールを浴びるほど飲んで悪態をつくほうが性にあっているかもしれない。

運動不足がすぎると感じ、たっぷり寝て家の片付けを少しやったあとにジョギング。家から飛び出した瞬間にモワッとした高湿度の熱気に家に押し返されそうになるも、11km程いつもの道を走った。2月からほとんど運動していないので、この11kmは大変にしんどいものだったが、やっぱり後半には「前に進むマインド」が帰ってくるのを感じた。定期的に必要なリフレッシュ+鍛錬だ。

今日は大学院生2名に対しての英語の講義、学会の準備の会議、研究室で実験を希望している学部生に対する1対1のレクチャー。少人数の学生に対する講義やレクチャーって、すごいコスト高なことだ。でも、望む学生にはそれが与えられる(事もある)。私も学生の時にもっと大学(の授業や教授達)を利用したら良かったと利用される今になって思ったりする。

私がやったら一週間で結果が出る実験。それを学部生が背景を理解し計画を立て実行に移すとなると、いつ実験結果が出るかもわからない。・・・それを徐々にできる人間にしていく。なんともコストのかかることよ。

でも(だから)、そうやってコストをかけていろいろなことができるようになった人間は、その役割をしっかりと果たす必要もあるというわけだ。ん?だから私は学生にいろいろ教えているのか? 

でも(だから)、私は私にしかできないことをもっと突っ走って研究しなければならないのじゃないかとも思う。

要は、どちらが社会に対してより高い価値を提供できるかということだ。だーれも認めてくれないしょーもない研究をやっているくらいだったら、学生を指導する事に集中すべきなのかもしれない。でも、もう少々自分を信じて突っ走り続けたい、過信かもしれないけど。


[PR]
# by hisaom7 | 2017-07-03 19:24 | 日記 | Comments(0)

研究者はタフでなければならない

難しいとは思っていたが、若干、いやかなり期待していた科研費は採択されなかった。これを採択してくれたら、私の(奇妙な)研究がコミュニティーに訴えるものがあったのだと大変に勇気づけられるのだが、まあそうではなかった。

「世界の終わり」というくらい気持ちが落ち込む。

こういう時に精神的なタフさが試される。挫けずに次に進む、あるいはこれを逆にバネにして頑張るエネルギーにする、なんてことがすぐにできればよいのだが、そうもいかない。

研究申請に限らず、研究は様々な状況で「ダメ出し」をされる。実験結果が思った通りに出ない、プレゼンが受けない、論文が通らない、ポジションが取れない・・・などなど。その度に落ち込んでいたら前に進めないのだが、それでも打ちのめされることの連続だ。

相手のせいにして悪態をつけばそれはそれで気分は楽になるが、単に自分に実力がない、あるいは自分が間違っているせいでその状況が発生しているのではないか、などと思い始めると、怖くていろんなことができなくなってしまう。

それを乗り越えるためのタフさ、ポジティブなマインドもどっかに持っていなければならない。そしてその出処の1つは、健全でタフな体。体がエネルギーに満ちていなければ、人はポジティブな気持ちにはなれまい。

ただし、健全でタフな体が必要なのは研究者に限ることではない。「プロ」としてコンスタントにいい仕事をするすべての人に必要とされることだろう。

という私は最近まったく運動していない。以前ジョギングしまくっていたら「打たれ強さ」が身について、今もその部分だけが財産的に残っている。けど、そろそろまたはじめないと、体のバランスがおかしくなってきた気もする。


[PR]
# by hisaom7 | 2017-07-01 12:42 | 日記 | Comments(1)

その先の解

セミナー。講義と移動で疲れているかと思ったが、意外にやりきった。
周知がいまいちだったからかどうかわからないが、人数は少なく、だがむしろ「大人」ばかりの聴衆だった。

ゆっくり理解させようとするコンテンツ構成だからか、いやでもスピードアップしたら誰もついてこないだろう内容だし・・・。

何がいいたいかというと、寝てる人たちもいた。

内容が彼らをエンターテインしなかったのかもしれない。自明なのかもしれない。つまらないのかもしれない。「問い」がわからなかったのかもしれない。

でも、最近私がたどり着いた「今の答え」は、分からない人にはしょうがない。わかりやすく作ってるけど、問いが、ISSUEが共有できない人にはしょうがない、と言うもの。

そんなことを偉そうに言える立場にはないかもしれない。でもここまで来たら、「その先」に行くことにする。「何この話?」と思っていた人の脳の一部で後でジワーっと響くような、あるいはごく一部の人にビビッと響くような、そういう内容の話をする。

だってそこまでの話をしてるんだもの。そこまでの議論を私はしてるんだもの。

間違ってるかもしれないけど、私はもっとバカでそんなところには到底たどり着いていない、あるいは天才はすでにそんなことわかってることなのかもしれないけど、それをきちんと体系化することに自分自身が喜びを覚えているんだから、しばらくこのまま行かせてもらいます。

誰かすごく共感してくれる人がどっかにいると信じつつ。


[PR]
# by hisaom7 | 2017-06-27 22:50 | 日記 | Comments(0)